• 2008
    • Dr. Renato Luis Garrido Cavalcante (received PhD. degree in March 2008, currently Postdoctoral Fellow of Edinburgh University) received IEEE Signal Processing Society Japan Chapter Student Paper Award (Nov. 2008), for the paper entitled:
        Cavalcante, Yamada, "Multiaccess Interference Suppression in OSTBC-MIMO Systems by Adaptive Projected Subgradient Method," IEEE Transactions on Signal Processing, vol.56, no.3, pp. 1028-1042, March 2008.
    • Professor Isao Yamada received the Fujino Prize.
  • 2007
    • 信号処理分野の研究者の最大のイベントIEEE ICASSP2007(April 15-20/ホノルル) でチュートリアルレクチャー "The Machine Learning and Signal Processing Applications of Fixed Point Theory" を行ないます。最新の不動点理論がどのように信号処理に応用されるのかをやさしく解説します。
    • 2007年のICASSPに本研究室からの投稿論文3件が全て採択されました(Dec/18/2006)。 当研究室オリジナルのアルゴリズム「適応射影劣勾配法(APSM)」の高い性能が様々な分野で確認され、応用が急速に広がってきました。 ICASSP2007では、
      • 「オンライン Machine Learning 問題への応用(K. Slavakis (アテネ大), S. Theodridis (アテネ大), I. Yamada)」
      • 「OSTBC-MIMO 無線通信システムの多重アクセス干渉抑圧問題への応用 (R. Cavalcante, I. Yamada)」
      • 「時変距離射影を用いたAPSMによる音響エコー消去問題への応用 (M. Yukawa(英ヨーク大), K. Slavakis(アテネ大), I. Yamada)」 を発表します。

Back


       
Last-modified: 2016-09-05 (月) 08:55:47 (1137d)